ワクワク!忍者体験

販売価格

1組 :¥6,000(税抜)

お土産に忍者の知識を深めるテキスト付

お申し込み

東京の山奥に住む本物の忍者の甚川先生と、国立市の都市農園で忍者体験をします。

体験では「剣の型の修行」「忍者の歩行術」「手裏剣の修業」に取り組みます。 先生から「忍者についてのお話」の時間もあり、忍び六具と呼ばれる忍者の道具や忍者の心得、昔の日本人が持っていた価値観なども、体験を通して親子で自然に学べる形になっています。

前半は、剣の型の修行と忍者の歩行術の体験です。剣術の修業の前には武器を扱う心構えもお伝えしながら、色々な型を実践してみます。歩行術の時間では、長時間移動したり、足音を立てずに移動したりするための、いわゆる「抜き足・差し足・忍足」という忍者独特の歩行術を体感してもらえます。
後半は、忍者についてのお話と、手裏剣の修業です。甚川先生のお話は大人も初めて聞くような興味深い内容がたくさんあります。さらに今回の体験には忍者の知識を深めるテキストがついてますので、お家に帰ってからも忍者の世界観や心得に触れられます。最後にお楽しみの手裏剣では、鉄の手裏剣(刃は落としてあるので安全ですが本物の感触が味わえます)を使って、的に狙いを定めて修行をします。

舞台である国立市の都市農園「くにたち はたけんぼ」は、畑だけでなく羊やリトルホースもいる楽しい農園です。

いま注目(?)の忍者体験はいかがでしょうか?
*お車でもお越しいただけます。

過去の体験の様子はこちらから


先生プロフィール

甚川浩志先生(野忍先生)

野人流忍術主宰

忍術体験プログラム「野忍」を展開中。このプログラムは、忍術と山岳修行や日本武術の要素を組み合わせて開発したもの。「娯楽を目的としたものではなく、外国人観光客や企業経営者等を対象に、日本人が培ってきた「和」の思考や、自然との共生する「山里文化」を伝えることを目的としている。そしてさらに、日本文化を内外に発信することで、世の中を変えて行きたいとも考えている。親子向けの野忍プログラムの提供先としてGifte!にて活動している。

体験者の声

・野外で盛りだくさんな内容だったにも関わらず、子どもが最後まで楽しく集中していたのに感心しました。

・無駄な要素が何も無く、こどもが夢中になり、かつ学びとなるようなプログラムであったと思います。はたけんぼの環境も素敵でした。

対象年齢

4歳 (幼稚園年少相当)~小学校3年生

学べる要素

考えるチカラ

開催日時&残席状況
(◯:あきあり △:あとわずか ✕:満席)

01月27日(土) 10:00-12:00  (○)

開催場所

くにたち はたけんぼ

集合場所

現地集合
アクセスマップはこちら
お申し込み後に詳細な場所をお伝えします。
JR南武線谷保駅より徒歩約15分
お車の場合は府中国立ICが最寄りです。

定員

15組
(1組=こども1名、おとな1名)

提供元

養沢野忍庵
協力:株式会社農天気

持ち物/服装

スニーカーなど動きやすい格好
帽子、タオル
お飲み物

備考

会場は屋外になります(見学スペースは屋根と椅子はあります)

よくあるお問い合わせ
一覧に戻る

関連体験