和食の大切なキホンを学ぶ!調理師体験

販売価格

1組 :¥5,000(税抜)

キャンセル待ちはこちらから

一流の調理師を輩出し続ける新宿調理師専門学校全面協力のもと、和食を通して食のキホンである感謝の気持ちを学ぶ体験が登場です!お子様が先生方のサポートを受けて実際に包丁を握り、調理を通して食材や農家さんへの感謝の気持ちと、食べる人を思う気持ちを学びます。

■和食を通して感謝の気持ちを育みます!
お米や野菜を育ててくれる農家さんを始めとする食に関わる人によって、日々の食生活は支えられています。調理師さんが大事にしている和食独特の繊細な食材への配慮で、お米やお味噌のうま味を最大限に引き出したり、野菜の素材を活かした方法で調理することも、自然の恵みに感謝することにつながっていきます。そして食べるときには「いただきます」。「食に携わってくれた方々への感謝」と、「食材への感謝」が込められていることも実感しながら美味しくいただきます。

■調理の実践を通して学びを深めます!
体験ではまず先生から、料理のデモンストレーションがあります。野菜の切り方や、土鍋でお米を炊く際の火や水の加減など、プロの技術を体感できます。
次は包丁の使い方や正しい姿勢、材料の切り方を教わります。調理のキホンを教わったら、いよいよ料理に挑戦です。今回のメニューは「旬野菜のお味噌汁」「お漬物」「土鍋ご飯のおむすび」です。たくさん旬のお野菜をお子様が切っていきます。先生の他にも専門学校の在校生がサポートしてくれるので、安心です。最後は完成したお料理に調理師の工夫で盛り付けして、完成です。

■新宿調理師専門学校の校長先生自らが教えてくれます
今回の先生は、新宿調理師専門学校の校長先生である上神田さんです。銀座の会席料理「阿伽免」他数々の名店で料理長を務めた実績をお持ちです。今は「調理師とは、食卓に花を咲かせる仕事」というご自身のメッセージを、日々学生に伝え続けています。

日本の伝統的な食文化である和食を通して、大切な食のキホンである感謝の気持ちを体感できる機会に、ぜひお越しください。

先生プロフィール

上神田 梅雄(かみかんだ うめお)先生
新宿調理師専門学校校長。
日本料理の故・西宮利晃氏に師事。1987年に銀座「会席料理・阿伽免」にて料理長となり、その後24年間、5 企業で総料理長として活躍。
2011 年、新宿調理師専門学校校長に就任。希望郷・いわて文化大使。著書に「四季のおもてなし料理」「調理師という人生を目指す君に」

対象年齢

小学校3年~小学校6年生

学べる要素

考えるチカラ

開催日時&残席状況
(◯:あきあり △:あとわずか ✕:満席)

開催場所

学校法人新宿学園 新宿調理師専門学校
JR線・京王線・小田急線・都営新宿線「新宿駅」西口より徒歩8分
西武新宿線「西武新宿駅」より徒歩8分
東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」より徒歩3分
都営大江戸線「都庁前駅」より徒歩5分

集合場所

現地集合
アクセスマップはこちら

定員

30組(1組=子ども1人、大人1人)

提供元

学校法人新宿学園 新宿調理師専門学校

持ち物/服装

エプロン
バンダナ

備考

コックコートをご準備しますので、お申込み時に質問回答欄より、お子さまの服のサイズをご回答下さい。

よくあるお問い合わせ
一覧に戻る

関連体験