【渋谷】プロが教えるおいしい秘密!パティシエとお菓子な科学教室(スタンドパックゼリー)

販売価格

1組 :¥5,000(税抜)

*当日制作したスタンドパックゼリーを3個お持ち帰りいただけます。
ギフテ!では他にもパティシエ体験を募集しています。一覧はこちら

キャンセル待ちはこちらから

小学生に大人気の、 お菓子を通じて笑顔を届ける 職業「パティシエ」。今回はパティシエのお仕事に隠れたお菓子の秘密や、学校の勉強にもつながるお菓子の学びをテーマにした、親子で楽しめる体験です。今回は常温でも持ち歩けるスタンドパックゼリーづくりを通して、「なぜ常温でも持ち歩けるのか?」のお菓子屋さんの工夫に迫ります。に迫ります。

お菓子作りは「科学の世界?!」パティシエールがお菓子の不思議や学びを解説します


「クッキーはどうしたらサクサクになるの?」「チョコレートはどうして固まるの?」など、お菓子の世界には不思議がたくさん!今回のテーマは「ゼリーを常温で持ち歩ける凝固剤の秘密! 」 です 。

凝固剤とは、液体をぷるぷるに固める力をもつ物質で、ゼラチンや寒天もこの仲間に入ります。通常ゼリーはゼラチンで作られるのですが、今回はアガーという海藻から出来ているゲル化剤を使って作ってみます。食感やにおいの違いは?どうやってパティシエさんは凝固剤を使い分けている?など、作って確かめてみましょう。今回は寒天、ゼラチン、アガーのゼリーを同時に作り、全部の違いを触って食べて実験します。自分がパティシエならどれを使ってゼリーをつくるか、ぜひ親子で体感して、話してみてください


「大切な人を幸せにするお菓子づくり」パティシエのお仕事を学ぶ


お菓子は食べる人の心を癒したり、元気づけたり、笑顔にしてくれる素敵な食べ物です。そして、「ありがとう」「おめでとう」の心を伝えることができるものです。そんなお菓子を作るパティシエは、小学生に人気の職業ランキングの上位にもあがるお仕事。好きなことを仕事にできたらと夢みるお子さんも多いと思います。 パティシエとしてパレスホテル東京など様々なお菓子作りの現場で活躍してきた先生から、お菓子づくりを通じてパティシエのお仕事のやりがいや喜びを学べる体験です。

パティシエのお仕事も小学校の勉強につながっている?!


パティシエのお仕事には、小学校で勉強している理科や社会、算数につながる要素があります。今回の体験では3つの凝固剤を使ってゼリーをつくる実験もしていくので、その結果や特徴をまとめられるプリントをご用意します。先生の解説を聞きながらまとめていきましょう。


「人に幸せを届ける仕事」と言われているパティシエのお仕事を体感できる体験に、ぜひ親子でお越しください。

先生プロフィール

川野 梓 先生
東京製菓学校洋菓子科を卒業後、パレスホテル東京で2年勤務。その後神楽坂のアトリエコータで修業を積み、アトリエコータ鎌倉店のオープンや、アトリエコータ腰越・江ノ島店の再オープン、店舗統括を担当。
企業の経営の在り方についての論文コンクールで最優秀賞を受賞したことをきっかけに、勉強にもなるお菓子教室の開業準備中。
<実績>
2013年・2014年「文鳥とお菓子のカレンダー」レシピ制作
2016年11月 SAM日本チャプター立石信雄懸賞小論文コンクールにて、最優秀賞である「立石信雄賞」を受賞
2018年3月 神楽坂のフレンチレストラン「アロム」にてスイーツメニューの開発と技術指導

体験者の声

・子どもが自分から作って完成させるプロセスが素晴らしかったです。
・子供だけでなく、私もホテルやお店でのパティシエの仕事を知ることができてとても楽しかったです!
・先生が優しく丁寧に指導してくださったので、子供も嬉しそうでした。

対象年齢

小学校1年生~小学校6年生

学べる要素

伝えるチカラ

開催日時&残席状況
(◯:あきあり △:あとわずか ✕:満席)

開催場所

渋谷総合文化センター大和田

渋谷駅から徒歩5分

集合場所

現地集合
地図はこちら
※詳細はメールにてお送りいたします。

定員

10組
(1組=子ども1人、大人1人)

提供元

川野梓(パティシエ―ル)

持ち物/服装

・動きやすい格好
・エプロン
・タオル
・お飲み物
・筆記用具
・水滴がついてもOKな布製のカバン(ゼリーをお持ち帰りいただく際に使用します)

備考

・会場のスペースや器材等の都合により、ご同伴は1組1名様に限らせていただきます。

キャンセル待ち

よくあるお問い合わせ
一覧に戻る

関連体験