漁師さんの船で魚群を追う!江戸前クルージング体験

販売価格

1組 :¥10,000(税抜)

キャンセル待ちはこちらから

東京湾を舞台に、漁船で魚や海鳥の大群を追う体験が登場します!秋の時期には、日の入り前にカモメやウミネコ等の鳥たちが「鳥山」という群れを成して、海面の魚たちを狙っています。今回は漁師さんと一緒に漁船に乗って東京湾にくりだし、海上に発生している鳥山や、魚たちの大群を探します。鳥山の下で繰り広げられる生き物たちのドラマの、目撃者になりましょう!ライフジャケットも準備し、安全に楽しめる海のアクティビティもご用意していますので、東京湾の魅力を親子で一緒に楽しめます。

秋の東京湾に発生する鳥山、海面の魚の群れを追う!

今回体験の舞台になるのは、日本三大湾の一つである東京湾です。そこにはスズキやアカエイなど様々な魚やホンビノスガイに代表される貝類など、たくさんの海の仲間が住んでいます。

そしてこの秋の時期に東京湾でみられるのが、「鳥山」という現象です。鳥山とは海鳥たちが海面付近に群れて活動して、海面にいる小魚を狙っている状況のことをいいます。しかし、その小魚を狙っているのは、海鳥たちだけではありません。海中からもまた、スズキ、イナダ、サワラなど魚食性の回遊魚たちが、小魚を食べようと狙っているのです。

小魚を狙って水面を滑空する海鳥たち VS 水面をはねて、その海鳥たちが小魚を食べるのを防ぐ回遊魚。生き物たちが自分たちのエサを確保し、生きるための活動の瞬間に出会えるかもしれません。双眼鏡を片手に、東京湾をみんなで探してみましょう!空から、海から小魚を追い詰めていくと、海鳥たちと回遊魚が小魚を取り合ってぶつかる瞬間がきます!この現象は海面がまるでお湯が沸騰したようで漁師たちはボイルしていると言います。 そんな自分たちのエサを確保するため、生きるための活動の瞬間に出会えるかもしれません。双眼鏡を片手に、東京湾をみんなで探してみましょう!

東京湾をクルージング、海からみる広大な景色も満喫!

今回は鳥山を探しながら、漁師さんが日常使っている船で東京湾をクルージングしていきます。東京湾で生きる魚や海鳥を観察しながら進んでいき、運がよければ、東京湾にたくさん生息している魚、ボラが海で飛び跳ねている様子が観察できるかもしれません。

また、広大な東京湾からの景色も必見です。雲降っている雨の境目が見られる可能性があるのも、遮るもののない広大な海のうえだからこそ。海に暮れていく太陽の様子も、いつもより大きく見ることができるかもしれません。そして大きな船、小さな船それぞれの道路があることや、遠浅の海の話など、漁師さんならではのお話も先生が教えてくれます。

現役江戸前漁師が魚たちの魅力や漁のやりがいを教えてくれます

教えてくれるのは現役の江戸前漁師である山本浩司さん。愛船「司丸」の船頭として、東京湾で貝を捕る漁を中心にお仕事をされています。東京湾の魚の魅力・おいしさを広めたいという思いで2014年に「江戸前おさかな研究会」を立ち上げました。子どもたちを対象にした出張授業を精力的に行っていて、今回も海の上、まさに漁師さんの本場で魚や鳥たちの生態や特徴のお話もしてくれます。

身近な東京湾で現役漁師さんと魚群を追う体験に、ぜひ親子でお越しください。

先生プロフィール

山本浩司さん
千葉県千葉市出身。北里大学水産学部卒業。お魚マイスター、漁師歴10年。
海で遊ぶこと、魚、運動が大好き。
故郷の海、東京湾の船橋で漁師として働くかたわら、子どもに魚や海を伝えるために、幼稚園などへの出張授業や、船を出してのクルージングや漁などの活動も精力的に行なっている。

対象年齢

小学校1年生から小学校6年生

学べる要素

考えるチカラ

開催日時&残席状況
(◯:あきあり △:あとわずか ✕:満席)

開催場所

船橋港
船橋駅から南へ徒歩約15分

集合場所

現地集合
地図はこちら
※漁港で住所がないため、詳細はメールにてお送りいたします。

定員

各回3組(1組=子ども1人、大人1人)

提供元

山本浩司さん(漁師)

持ち物/服装

筆記用具

備考

1シーズン中に1度鳥山を発見できると、その後も連続して発見できる確率は高くなります。2019年シーズンは発見されていますが、体験日にも必ず見られるものではございませんので、ご了承くださいませ。
・雨だけでなく、風の影響で船を出すことが難しくなる場合がございます。前日の天気予報などで船を出すことができないと判断した場合は、夕方までにご連絡し、お振替日を調整いたします。

キャンセル待ち

よくあるお問い合わせ
一覧に戻る

関連体験