本物の忍者から学ぶ!本格忍者体験

販売価格

1組 :¥7,500(税抜)

お申し込み

東京の山奥に住み日々修行に取り組む現代の忍者、甚川先生の忍者体験に、遂に小学生を対象とした本格版が登場します。

場所は東京開催の忍者体験と同じ国立市の都市農園をお借りします。
本格忍者体験では、手裏剣や剣術、そして忍者の心得を、より丁寧に、そして本格的に取り組むことで、忍者の知恵をお子さんの日々の生活にも活かせる状態を目指してプチ修行体験を行います。
忍者体験ではエッセンスとして簡単に触れるだけだった各種活動を、小学生を前提により精神的な成長や、歴史などの知識の習得を意識して、本格体験してもらえるようにします。主なコンテンツは以下のようなものです。

【忍者の心得】
忍者の歴史や目的から、現代のお子様の成長にも有益な知恵を紐解いて解説します。また「忍び六具」と言われる道具の使い方を実践してみたり、「本当の忍者」とはどういうものかを紹介することで、昔から受け継がれる忍者の知識に触れます。
【剣術】
忍者の剣術の型を習います。剣術には日本文化を体現する大切な要素が隠されています。単に技術を学ぶのではなく、剣の心、日本の心を学びます。最後に忍者の先生とともに「演武」といわれる剣の型の流れの一部ができることを目指します。
【手裏剣術】
みんながイメージする「車剣」と言われる星型の手裏剣は、実は忍者はほとんど使っていませんでした。持っていても「お守り」としてだったと言われています。今回はお守りとしての手裏剣だけでなく、本格的な棒手裏剣の打ち方も体験します。木製の棒手裏剣を使って安全に忍者の技術を学びます。
【九字切り】
忍者のおまじないである九字切りにもたくさんの忍者の知恵があります。単に写真撮影のポーズの為ではなく、本当の九字の意味を知ることで、忍者の心を理解していきます

舞台である「くにたち はたけんぼ」は畑だけでなく羊やリトルホースもいる楽しい農園です。

いま注目の忍者体験はいかがでしょうか?
*お車でもお越しいただけます。

小さい子でもできる入門編の忍者体験はこちらから

先生プロフィール

甚川浩志先生(野忍先生)

野人流忍術主宰

忍術体験プログラム「野忍」を展開中。このプログラムは、忍術と山岳修行や日本武術の要素を組み合わせて開発したもの。「娯楽を目的としたものではなく、外国人観光客や企業経営者等を対象に、日本人が培ってきた「和」の思考や、自然との共生する「山里文化」を伝えることを目的としている。そしてさらに、日本文化を内外に発信することで、世の中を変えて行きたいとも考えている。親子向けの野忍プログラムの提供先としてGifte!にて活動している。

体験者の声
<体験編の忍者体験の感想です>

・日本人としての礼儀作法や、自然の産物をどう加工して役に立てる道具に加工するか等々、昔の人の知恵をと心を少しだけでも体験できたいい機会だと思います。

・初めはモジモジしていた息子が、徐々にしっかりはっきりと声を出す事ができるようになった。帰る頃には、もっとやりたい!と。忍者さんは子ども達に対し厳しくも優しくもあり、本来あるべき大人の対応を見せて下さいました。お話もとても楽しかったです。

・忍者だけでなく、動物や自然とのふれあいなど、普段なかなか出来ないことを効率的に体験させてあげられました。暑かったですが、休憩も適切なタイミングで、元気に最後まで楽しめました。
対象年齢

小学校2~6年生

学べる要素

考えるチカラ

開催日時&残席状況
(◯:あきあり △:あとわずか ✕:満席)

10月14日(土) 09:30~12:00  (○)

開催場所

くにたち はたけんぼ

集合場所

谷保天満宮の入り口に集合です。
谷保天満宮はJR南武線谷保駅より徒歩3分程度です。
お車の場合はお車の場合は府中国立ICからも近いので、お申し込み後に詳細な場所をお伝えします。

定員

16組
(1組=こども1名、おとな1名)

提供元

養沢野忍庵
協力:株式会社農天気

持ち物/服装

スニーカーなど動きやすい格好
帽子、タオル
お飲み物

備考

会場は屋外になります(見学スペースは屋根と椅子はあります)

よくあるお問い合わせ
一覧に戻る

関連体験