【大田区】ミニ四駆をラジコンに!未来ものづくり教室

販売価格

1組 :¥15,000(税抜)

※組立てたRCミニ四駆はお持ち帰りいただけます

お申し込み

ギフテ!から「未来ものづくり教室」として、お父さんも思わずワクワクしてしまうミニ四駆体験が、12月にも開催決定です!

ミニ四駆をラジコンへ!アプリの力で自由に操縦できるRCミニ四駆


これまでコース内でスピードを競ってきたミニ四駆が、“前に走る” だけでなくラジコンのように “前後左右に自由自在に動く” ことができる。そんな夢のような話を実現したRCミニ四駆が本体験の主役です! RCミニ四駆は複雑な半田付けやプログラムは不要で、既存のミニ四駆キットにネジ止めするだけで無料アプリで操作できるので、ミニ四駆世代やクルマ好きの方はもちろん、子供から大人までどなたでも楽しむことができます。

ミニ四駆をラジコンにする秘密は「3Dプリンタ」と「アプリ」です。3Dプリンタでミニ四駆の車輪をコントロールできる部品を作ることで、まっすぐだけでなく曲がったり止まったりできるようになります。会場には3Dプリンタもありますので、未来のものづくりを体感してもらえます。またこの3Dプリンタで作った部品に小型無線を取り付け、スマホと接続するアプリを準備することで、スマホがコントローラーになります。これでラジコンのミニ四駆「RCミニ四駆」の完成です!

組み立てからレースまで、RCミニ四駆の魅力を体感!


今回の体験ではまずRCミニ四駆の仕組みを一つ一つ学びながら組み立てていき、オリジナルのRCミニ四駆に改造します。 ミニ四駆が完成した後半は、みんなでレースを行います。どうやって改造したら早く走るようになるのかというミニ四駆の本質的な楽しみ方はそのままに、どうやったらうまく操作できるのかというドライビングテクニックの面でも早さを追求することができます。

キットは全てこちらでご用意し、完成したRCミニ四駆はそのままお持ち帰りいただけます。

ロボット制作の第一線で活躍している先生が教えてくれます!


体験の先生はPLEN PROJECT代表の赤澤さん。長年自社のオリジナルロボット「PLEN」の制作や、ロボット教育のための教育コンテンツ開発などに携わっています。ギフテ!でも3DCADでオリジナルフィギュアを制作する体験や、ミニロボット「びーこあロボ」制作の体験を開催しており、参加者の方からも「分かりやすく教えてくれて、フォローも丁寧」と人気の先生です。

「未来のものづくり」を体感するRCミニ四駆の改造&レースの体験に、ぜひ親子でお越しください。


【ご参考動画】
 ・RCミニ四駆が実際に動いている動画


先生プロフィール

赤澤 夏郎 先生
2004年にロボットベンチャーを立ち上げ、ロボット開発をスタート。2006年に自社のロボット製品である小型2足歩行ロボット「PLEN」を開発、発売。
その後ロボット開発をメインに、大阪ハイテクノロジー専門学校ロボット学科の設立や、ロボット教育のための教育コンテンツ開発などに携わる。
2017年よりサービスロボットを開発する会社PLEN Robotics株式会社を設立し、普及型のパーソナルアシスタントロボット「PLEN Cube」を日米のクラウドファンディングによる資金調達を成功させ、2018年のリリースに向けて開発中。
※8/25(土)の回は先生が変更になる可能性があります。予めご了承ください。

体験者の声

・親子でひとつのものを完成させるプロセスが良い経験になりました。最後のレースでは、1位をとれなかった悔しさが子ども本人には良い経験になったようです。
・パパと息子で参加したのですが、すごく満足そうに帰ってきました。息子は家でもミニ四駆で引き続き遊んでいます!

対象年齢

小学校1年生~6年生

学べる要素

考えるチカラ

開催日時&残席状況
(◯:あきあり △:あとわずか ✕:満席)

12月23日(日) 10:00-14:00  (○)

開催場所

おおたFab(FabLab)
東京都大田区にある3Dプリンタ等を備えたデジタル工房です
蒲田駅西口出口から徒歩約3分

集合場所

現地集合
地図はこちら

定員

10組(1組=子ども1人、大人1人)

提供元

株式会社プレンプロジェクト

持ち物/服装

動きやすい格好
筆記用具
飲み物
昼食(外食も可能)

備考

特にありません

お申し込み

よくあるお問い合わせ
一覧に戻る

関連体験