宇宙兄さんズと宇宙ミッション体験!

販売価格

1組 :¥15,000(税抜)

キャンセル待ちはこちらから

日本宇宙少年団に所属する宇宙教育のプロフェッショナル「宇宙兄さんズ」と一緒に、JAXA筑波宇宙センターの本物の宇宙飛行士訓練施設で、宇宙ミッション体験を行う特別な体験プログラムです。

宇宙ミッション体験では参加する子ども達でチームになり、与圧服(オレンジスーツ)のレプリカを着用して宇宙飛行士模擬訓練(宇宙ミッション体験)に参加します。ミッションでは実際に宇宙飛行士が訓練したものを参考に、宇宙飛行士や地上管制官の仕事や大切にしていることを体感してもらえる体験をご用意しています。
一般来場では入れないエリアで、本物の宇宙飛行士訓練に使用された施設での体験になり、宇宙兄弟でも出てきた場面がたくさんあって、お子さんだけでなく同伴の大人の方にも楽しんで頂けると思います。

また宇宙教育のプロフェッショナルである「宇宙兄さんズ」がJAXA筑波宇宙センターの展示館をご案内し、人工衛星や宇宙について分かりやすく説明します。ただ施設を見るよりも、ずっと楽しさや学びが増して、お子さんの宇宙への想いも強くなるのではないかと思います。会場では宇宙兄さんズが特製の解説道具を駆使して深く面白く教えてくれるので、大人の方も一緒に楽しめます。

是非親子で宇宙を身近に感じる体験をお楽しみください。

【参考】
 【特別版】ぐるぐる博士の宇宙ミッション体験は こちら
 宇宙ミッション体験 in 種子島打上げ見学ツアー!は こちら


先生プロフィール

小定 弘和(HIROKAZU KOSADA)
1980年生。宮城県仙台市出身。「宇宙のお兄さん」として、宇宙についての講演や水ロケット、真空実験などの体験授業、JAXAとYAC(日本宇宙少年団)で放送しているインターネット番組「宇宙教育テレビ」や教育誌などへの出演を通して、宇宙の持つ魅力的な素材を利用した人材教育を実践している。JAXA宇宙教育センター職員を経て、現在、公益財団法人日本宇宙少年団の副事務局長として、社会教育現場や学校教育現場での宇宙教育活動の支援を行っている。


小島 俊介(SHUNSUKE KOJIMA)
1975年生。新潟県新潟市出身。宇宙なんでも実験隊の「こじま隊長」として、「宇宙教育テレビ」や体験授業で実験工作を担当。また、「宇宙ホンモノ体験」筑波や種子島スペースキャンプを企画運営。宇宙飛行士の選抜試験に使われる閉鎖環境施設を利用した子ども向けプログラム開発に関わった。JAXA宇宙教育センター職員を経て、現在、公益財団法人日本宇宙少年団宇宙ホンモノ体験総括。そして、編集者として、主に実験工作をテーマにした児童書の編集に関わる。

対象年齢

小学校2年生から6年生

学べる要素

考えるチカラ
協力するチカラ

開催日時&残席状況
(◯:あきあり △:あとわずか ✕:満席)

開催場所

筑波宇宙センター
茨城県つくば市千現2-1-1
地図はこちら

集合場所

現地集合
グーグルマップはこちら

定員

各回16組、1組=子ども1名、大人1名
最少催行組数:各回4組
※子どもは小2以上、参加されるお子様以外のセキュリティエリア内へのご入場は1組1名様のみになります

提供元

株式会社スペースゲート
協力:公益財団法人 日本宇宙少年団(YAC)

持ち物/服装

筆記用具

備考

宇宙ミッション体験を行う宇宙飛行士養成棟はJAXAのセキュリティエリア内のため、写真撮影に制限が発生してしまいます。その中でも撮影可能なポイントを作って思い出に残していただけるように対応させていただきますので、制限が発生する旨事前にご了解いただければ幸いです。一般公開エリアの集合・解散場所や宇宙や人工衛星の解説はご自由にご撮影いただけます。

よくあるお問い合わせ
一覧に戻る

関連体験