【原宿】ペン入れからトーン貼りまで!マンガ家体験

販売価格

1組 :¥7,500(税抜)

先生のセレクションしたペンのお土産つき

お申し込み

日本の文化として海外でも認知が広がってきたマンガですが、どうやって創られているのか、どうやったらうまく描けるのか等、意外と知られていないことが多いのではないでしょうか。そんなマンガの世界に触れられる体験の登場です!

体験の先生は、日本を代表するマンガアシスタントの前田先生と、マキバオーやBASTARD!!等、数々の有名マンガのアシスタントを歴任された柚木先生です。お2人が講師を務める背景美塾のマンガ講座は、遠方からも受けに来る方がいらっしゃるほどの人気で、先生としての経験も豊富です。

そんな前田先生と柚木先生がマンガがどんな風に創られているか、マンガ雑誌や実際の原稿のラフ、原画等を使いながら楽しく教えてくれます。柚木先生の実演の時間もあり、本物のプロアシスタントの技術を間近に見ることができると、マンガ家の仕事もイメージしやすいかもしれません。

マンガができるまでの流れを学んだら今度はうまく描くためのテクニックを習います。立体的な描写の仕方やマンガ家さんならではの工夫も教わりながら下書きをして、その下書きにペン入れもしていきます。最後はトーン貼りの時間もあり、毎回個性的な作品ができてとても盛り上がります。マンガ家の先生も使っているペンのプレゼントもありますので、おうちに帰ってからもペン入れを練習することもできます。

舞台はマンガ家になるための第一歩、漫画アシスタントとして背景や全体観をマンガ家の卵に教えているアシスタント背景美塾で、マンガの世界に触れるにはピッタリの場所です。

ポップカルチャーの聖地原宿で、意外と知らないマンガの世界に触れる体験に、ぜひ親子でお越しください。



【参考:以下の会場でも開催しています】
 スマートスペース(神奈川県横浜市)


先生プロフィール

前田耕作先生(写真)
鹿児島県出身。福岡の短大卒業後、瀬口たかひろのアシスタントとして2年半活動。
その後12年に渡り週刊連載のアシスタントを勤め、チーフアシスタント的な役割も担う。兄弟子にあたる畑健二郎は「プロのアシスタントとしては恐ろしく有能でもの凄い技術の持ち主」と評する。「MAEDAX」名義で声優名鑑に載るなど多方面の活躍があり、漫画家アシスタントとして日本で一番の知名度を誇る。
独立後、フリーのアシスタントを経て2013年11月、アシスタント背景美塾を立ち上げる。

柚木元先生(トップ写真)
東京都出身。高校卒業後、名だたる作家の元を渡り歩き背景技術を磨いてきた、叩き上げのスーパーアシスタント。デジタル作画など、最新の技術もいち早く取り入れ、つけペンから液晶タブレットまで幅広く使いこなす。
現在は週刊少年サンデー『ハヤテのごとく!』『アド・アストラ・ペル・アスペラ』畑健二郎のもと、チーフアシスタントを務める。

体験者の声

・息子はもともと絵を描くことが好きで、漫画も描いたりしていたのですが、プロの漫画家アシスタントさんの技を間近で見ることができただけでなく、スケッチやトーン貼りなどができて大満足だったようです。帰ってきてから「俺は漫画家になる!」言って、早速画材屋さんに行きGペンなどを購入して張り切っています。子供にとってとてもよい刺激を与えていただけたことを感謝しております。
・見るだけでなく自分で描いたり、トーンを貼ったりできたため。先生方のおしゃべりが楽しかった
・こどもがとても喜んでいました。プロの方の技術を間近でみることがとても刺激になったようです。貴重な体験になりました。先生のキャラクターもすばらしく、楽しく学ぶ事ができました。

対象年齢

小学校1年生から6年生

学べる要素

伝えるチカラ

開催日時&残席状況
(◯:あきあり △:あとわずか ✕:満席)

12月26日(火) 10:00-12:00  (○)
12月26日(火) 13:00-15:00  (残3)

開催場所

アシスタント背景美塾
原宿の竹下通りを抜けた先、裏原エリアにある漫画アシスタントを育成する専門塾です

集合場所

現地集合、地図はこちら
JR 山手線「原宿駅」、地下鉄千代田線・副都心線「明治神宮駅」徒歩10分

定員

8組(1組=子ども1人、大人1人)

提供元

アシスタント背景美塾

持ち物/服装

汚れてもよい格好

備考

特にありません

よくあるお問い合わせ
一覧に戻る

関連体験