センサーパーツでIoTを体験!ロボットプログラミング電子工作室

  • 販売価格
  • ¥17,000(税抜)
    9,500円相当の「アーテックブロックス ロボティスト 動くブロック基本セット」と音センサーつき

プログラミングの世界に現実のセンサーを組み合わせるとっておきの電子工作室の新作が登場です!
ArTech(アーテック)の「アーテックブロックス ロボティスト 動くブロック基本セット」というブロックとプログラミングを組み合わせたキットを使い、そこに音センサーを組み合わせて恐竜ロボットのプログラミングを組み立てて、更にお持ち帰りいただける特別な体験になります。

ArTec(アーテック)のロボティストはロボット教室などでご存知の方もいらっしゃると思いますが、たくさんのブロックを組み合わせてモーターと連動させ、そこにプログラミングを加えることで自由自在にロボットを作れる開発キットです。ここに、音センサーを加えることで、組み立たててプログラムした通りに動くだけでなく、現実の世界の動きに反応して動く電子工作になります。オリジナルの電子工作のカリキュラムを検討したのは、Gifte!で大人気の「ラズベリーパイの電子工作室!」の講師でもある宅原先生です。宅原先生は実際の学校教育の現場でも電子工作を用いた教育デザインの経験が大変豊富で、学びと楽しさ、驚きを同居させたプログラムを用意してくれます。 ArTec(アーテック)のWebサイトでは、宅原先生の取り組みが紹介されるなど、注目の先生です。
体験の中ではまずは恐竜ロボットの組み立てとプログラミングの基本を学びます。そこに赤外線センサーを加えることで、現実の世界とプログラミングの世界がどのようにつながるのかを体感していきます。音センサーを使うことで、現実の世界の人や周りの動きに共有ロボットが反応できるようになり、自分なりにどんな動きにするか創意工夫してオリジナルプログラムを考えていきます。最後は自分オリジナルの動きをするようになった恐竜ロボットの電子工作をみんなの前で発表します(発表が苦手な子はパスしても大丈夫です)。自分の工夫を発表する良い機会になるだけでなく、同じような動きでも他の子の作り方が違っていたりすることもあり、新しい発見が得られると思います。
体験が終わった後も、開発キットは全てお持ち帰りでき、おうちのパソコンとつなげてプログラミングや電子工作の続きができます。
会場と先生はマインクラフトのプログラミング体験の舞台としてもおなじみの「キュリオステーション下北沢店」さんにお願いしました。キュリオステーションさんは自社でもプログラミング教室を運営されており、アーテックを用いたロボットプログラミング教室も1年半と十分な実績があり、安心です。当日の先生の永山先生も教室での導入当初からずっと先生をされています。

恐竜ロボットと音センサーを使ったオリジナルのプログラミング&電子工作の体験、親子でぜひ遊びにきてください!

先生プロフィール

永山歩 先生(キュリオステーション インストラクター)

・学生時代からパソコンと教えることが好きで、パソコン教室キュリオステーションに勤めインストラクターとなる
・キュリオステーションにて、小学生向けのアーテックのプログラミング講師を1年半担当

 

宅原愛子 先生(学習院女子高等科 情報科講師)
・修士:東京理科大学大学院理数教育専攻にて情報教育およびプログラミング教育について研究
・オンライン教材「動画でまなぶScratch 『小学生からはじめるわくわくプログラミング』」脚本
・「みんなのラズパイコンテスト」(日経Linux・日経ソフトウエア主催)3年連続入賞(2014〜2016)

一覧へ戻る