【大阪開催】ラズベリーパイの電子工作室!

  • 販売価格
  • 1組:¥16,000(税抜)
    *8,500円相当のラズベリーパイ3とセンサーボードつき(お持ち帰り頂けます)

東京で大人気の超小型PCラズベリーパイを使った電子工作室が、大阪に初登場です!
話題の超小型PCラズベリーパイ3とセンサー機器を使ってPCを組み立てるところから、Scratchを使った実際のプログラミング、センサーを使った電子工作などを盛りだくさんに親子で体験できて、さらにラズベリーパイ3とセンサー機器はお持ち帰りいただけるというスペシャルな教室です。
大阪本社の教育ベンチャー、株式会社シェアウィズさんのご協力で実現しましたので、ぜひ関西圏の方にも親子で楽しんでいただければ幸いです。

Gifte!のプログラミング教室は画面だけではなく、現実の部品と連動して行うワクワクの電子工作体験です。
今注目のラズベリーパイ3という小型PCの開発キットを使い、プログラミングが現実の電子部品やセンサー、モノと連動して動くところまで体験できます。
カリキュラムの監修をされた学習院女子高等科・情報科講師の宅原先生は教え子と一緒に「みんなのラズパイコンテスト2014」学生賞を受賞したり、2015年は個人でもラズパイコンテストで賞をとるなど、プログラミング教育の第一人者です。 講師は、東京・大阪で、朝日新聞やデジタルハリウッド大阪校などと子ども向けロボットプログラミング教室も手がける、山下智砂子先生です。

開発キットは全てお持ち帰りいただき、お家でも更にプログラミングをして遊べます。


【プログラム:ラズパイで「だるまさんがころんだ」鬼が音も光もキャッチ】
 1.ラズベリーパイのセットアップ
 2.Scrachでネコの動きをプログラミング
 3.音センサーで「だるまさんがころんだ」(音に反応、画面のネコと連動)
 4.光センサーで「対戦:だるまさんがころんだ」


【カリキュラム開発チーム】
 監修:宅原愛子(学習院女子高等科 情報科講師)
    高橋淳(株式会社シェアウィズ東京マネージャー、CANVASフェロー)

【参考例(写真)】
 当日とは異なりますが宅原先生がラズベリーパイを用いて生徒と作った電子工作の作品を掲載します。


【ご推薦(写真と備考)】
 本プログラムは写真の村上憲郎様(元グーグル米国本社副社長兼日本法人社長、前名誉会長)のご推薦(応援メッセージ)をいただいています!
  ■メッセージ:「ラズベリーパイ」で、小学生から楽しい電子工作を体験してみてください。
       (詳細は、備考欄をご確認ください(★))
  ■参考記事:http://college.nikkei.co.jp/article/32152217.html

先生プロフィール

山下 智砂子

RoboticsGYM代表ロボットプログラミングインストラクター

1969年生まれ。2015年6月からRailsGirlsOsak#2女性向けのプログラミングコミュニティの開催を皮切りに、子ども向けロボットプログラミング講座やワークショップを開催。女性や子どもにプログラミングを学んでもらう場を提供。

体験者の声

・始まる迄「話についていけるのかな?」と心配していましたが、とても夢中になって楽しんでいたので安心したのと同時にうれしくなりました。これから新しい興味の道が広がったと思います。
・内容が大変よかったです。帰宅後は早速自宅で家族に動かしてみせたり、関連の本に読みふけったりしていました。
・短い時間でしたが、センサーボードを使ってプログラミングすることまでやらせていただいたので、ラズベリーパイでできそうなことがたくさんありそうだということが子どもなりに理解でき、よりプログラミングに興味を持ったようです。そして何よりも自分のPCが持てることに興奮していました。早速足りないケーブルを購入し、組み立てて遊んでいます。

一覧へ戻る